佐土原ロータリークラブ

佐土原ロータリークラブ(国際ロータリー第2730地区)は職業奉仕の実践で社会貢献活動をしてまいります。

今年度のローターリーのロゴ
国際ロータリー第2730地区
佐土原ロータリークラブ

四つのテスト

1.真実かどうか
2.みんなに公平
3.好意と友情を深めるか
4.みんなのためになるかどうか

クラブテーマ

 2018-19年度クラブ運営基本方針

会長  鸙野 隆春    

 今年度の佐土原RCの30代会長を引き受けることになりました鸙野隆春です。2013年8月入会の5年目の若輩ですが身の引き締まる思いです。職業分類はプラスチック加工です。

さて本年度RI会長のRIテーマは「インスピレーショになろう」になりました。

世界におけるロータリーの役割を示すために、公共イメージに重点を置き、ソーシャルメディアの活用、奉仕のスケールアップ、また持続可能な大きなプロジェクトに力を注ぎ、前向きな変化、創造性をもって正面から立ち向かう勇気と希望が必要であると示されました。

RI第2730地区 川原ガバナーは「プラスワンの考動を!!」と掲げられ具体的な行動目標を示されました、クラブにて目標を選択し、その目標に向かって実行することで活発な活動になるよう努めていきます。

我、佐土原クラブの具体的な考動は、「会員増強(1名以上の純増)」、「広報、公共ロータリーブランドの周知、強化、ロータリーデーの実施」、「職業奉仕の強調」であります。新しい奉仕を実行し力を注ぐことですべての項目の達成に繋げていく所存です。又、最大の課題である、増員に関しては、打開策が見出されていない状況であるが、3年先、5年先を見据えて、「足元を固めて、未来をつくる」をモットーとしてブランド力を高め、入会を希望するクラブ、地域社会に必要なクラブになるよう創意工夫していく所存です。どうぞ皆様の協力をよろしくお願いします。

RI会長 2018年~2019年 佐土原ロータリークラブ会長 鸙野 隆春

活動アルバム-例会風景(⇒アルバム一覧へ)